健康セミナー

身近な薬と放射線


松山大学薬学部 教授 大学院医療薬学研究科長 明樂 一己

放射線は昔から自然に存在するものであり、危険性を知りながらうまく取り扱えば、いろいろな分野で役立てることができます。私たちに身近な薬の開発にも放射線が役立っており、また、放射線を出す薬が診断や治療に使われています。このセミナーで、身近な放射線の基礎知識とともに、薬と放射線のかかわりについて理解を深めてみましょう。


【明樂教授略歴】

1981年岐阜薬科大学卒業
岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程入学
1983年岐阜薬科大学大学院薬学研究科博士前期課程修了
東京薬科大学薬学部助手
1992年~1993年ロンドン大学バークベックカレッジに留学
1998年東京薬科大学薬学部講師
2006年~松山大学薬学部教授現在に至る

*1989年:学位(薬学博士)を取得
*1982年:薬剤師免許を取得
*1989年:第1種放射線取扱主任者免許を取得

定員 50名

  • 事前受付。お一人様1回限りのお申し込みとなります。
  • グループで参加ご希望の場合は、お席の必要な方すべてのご入力が必要です。
  • 事前お申込みの募集受付は、6/27(木)まで。
  • 締切日以降、抽選となります。
    ※お手元に『入場整理券』が到着されてない方は、ご応募いただけます。
  • 当選者の方には『入場整理券』の発送をもって発表にかえさせていただきます。

PICK UP